ナムコ

ナムコ

【なむこ】

  • 1955年に中村雅哉が設立した有限会社中村製作所が前進。1971年にナムコをブランド名として使い始める。
  • 1974年、アタリジャパンを買収、アーケードゲームに進出。このため、ナムコはアタリの日本法人となり、
  後にアタリファンだった遠藤雅伸(「ゼビウス」の生みの親)が同社に入る理由にもなっている。
  • 1977年、社名もナムコに改めた。
  • NAMCOは「Nakamura Amusement Machine Manufacturing Company」の略である。
  • 2005年6月にバンダイと経営統合。この時点で、いわゆる「ナムコ」はバンダイナムコホールディングスの子会社
  になっている。
  • 2006年6月、旧バンダイのゲーム部門を統合。社名をバンダイナムコゲームスに変更。
  • いま、ナムコと言ったら厳密には、ゲームセンターやテーマパーク等のアミューズメント事業を運営する、
  バンダイナムコホールディングスの完全子会社を指す(家庭用ゲームはバンダイナムコ)。
  • ファミコンの頃にあったnamcot(ナムコット)はレーベル名。もとはMSX用ゲームのレーベル。
  • ゲームメーカーとしてのナムコ(旧ナムコ)は、ファミコン時代から良作を多数リリースしている老舗。ユーザー
  としては、安心して作品にお金を出せるメーカーだった。
  • 近年は時代のせいもあるだろうが、「完全版商法の多い会社」というのが共通認識となりつつある。


代表作品(旧ナムコ時代)


鉄拳シリーズ
リッジレーサーシリーズ
テイルズシリーズ
ゼノサーガシリーズ
エースコンバットシリーズ

  • ギャラクシアン(1979年)
  • パックマン(1980年)
  • ニューラリーX(1981年)
  • ギャラガ(1981年)
  • ディグダグ(1982年)
  • ゼビウス(1983年)
  • マッピー(1983年)
  • ギャプラス(1984年)
  • ドルアーガの塔(1984年)
  • パックランド(1984年)
  • ドラゴンバスター(1985年)
  • スターラスター(1985年)
  • メトロクロス(1985年)
  • スーパーチャイニーズ(1986年)
  • ワルキューレの冒険(1986年)
  • スーパーゼビウス ガンプの謎(1986年)
  • ワンダーモモ(1987年)
  • ドラゴンスピリット(1987年)
  • デジタル・デビル物語 女神転生(1987年)
  • プロ野球ワールドスタジアム(1988年)
  • オーダイン(1988年)
  • クインティ(1989年)
  • ワルキューレの伝説(1989年)
  • ソウルエッジ(1995年)
  • タイムクライシス(1996年)
  • ソウルキャリバー(1998年)
  • ミスタードリラー(1999年)
  • 太鼓の達人(2001年)
  • ことばのパズル もじぴったん
  • 塊魂(2004年)


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

小見出し

本文テキスト。

  1. 番号つきリスト
  2. 番号つきリスト
  3. 番号つきリスト


  • 最終更新:2010-11-03 16:32:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード