プレイステーション3

プレイステーション3

【ぷれいすてーしょんすりー】

  • SCEが2006年11月11日に発売した家庭用ゲーム機。事実上、PS1やPS2の後継機種という位置付けになる。
  • 略称は「プレステスリー」で、表記は「PS3」。ただしオフィシャル的には「ピーエススリー」である(「ステ」と言わせたくないらしい)。
  • ブルーレイドライブを搭載することが至上命題とされたものの、その製造に遅れが出たため、本体の発売そのものが延期された。当初は2006年
  春と発表されていたが、結局は11月と半年ほど遅れたことになり、Xbox360に約1年遅れての発売となった。
  • 上記のように、ソフトウェア媒体はブルーレイである。ブルーレイビデオも再生可能。
  • ブルーレイビデオプレイヤーとしての評価は、ヘタな専用機よりも高い。
  • オプションであり、まともに使っている人など数えるほどしかいなかったPS2のオンライン機能だが、ブロードバンドの普及もあってPS3では
  標準搭載され、ネット接続を前提としている。通信に対応したソフトのみならず、追加コンテンツや体験版をオンラインで配信するなど、
  通信を積極的に使った「繋いでナンボ」なものとなっている。独自ブラウザ搭載でWEBブラウジングも可能。
  • torne(トルネ)を買えばハイビジョンテレビ録画機に早替わり!……「ゲーム機」としての是非はともかく、売れてるし評判も良い。
  • 最初に発売されたのは20GBモデルと60GBモデルの2種。これらはHDD容量の違いのほか、仕様が細かく異なっている。なお、当初20GBモデル
  には非搭載と発表されたHDMI端子は、発売時には搭載された。HDMI端子付きテレビが急速に普及したためである。また、この2つのモデルは
  PS、PS2ソフトとの互換も実現しているが、後に登場する40GBモデル以降はPS2互換が廃される。
  • 発売時の価格は60GBモデルで59980円、20GBモデルが49980円。これでもかなり高いと感じるが、最初に発表された価格はさらに高かった。
  PS3発表当初は20GBモデルすら62790円としていたのだ。さすがに高いと言われたが、SCEのCEO、久夛良木健は「ゲーム機としては高いが、
  我々はPS3をゲーム機として見てほしくない。これはゲーム機の価格ではなく、PS3の価格だ」というような趣旨の発言をしていた。しかし
  結局、9月には価格を改めている。さらに、発売したら思わぬ苦戦を強いられたためか、翌年10月には両モデルを5000円値下げした。
  • 発売日には製造の遅れからじゅうぶんな数を確保できず、国内販売分は9万台もなかったと言われている。価格をものともせずなんとしても
  発売日に手に入れるべく販売店に殺到した人からは、「もの売るってレベルじゃねーぞ!」との名言も生まれた。
  • ある意味ではドリームキャスト並みのスタートダッシュでの失敗だが、それだけでは済まなかった。先行していたXbox360が国内はともかく
  海外で好調だったこと、また国内では任天堂のWiiがライトユーザー層を取り込んで優位に立っていたこともあり、PS3はPSやPS2のようには
  楽な戦いはできなかった。
  • 2007年11月には、HDD容量40GBのモデルがラインナップに加わった。価格は39980円とだいぶ手頃になったが、PS2ソフトの互換を廃している。
  他にもコストカットのために削られた仕様はあるものの、消費電力が下がっているなど長所もある。
  • 2008年10月には、基本的に40GBモデルの性能を受け継ぎながらもHDD容量をアップし、価格据え置きの80GBモデルが登場。
  • 2009年9月3日には本体価格を29980円とし、本体デザインも小型・軽量化した「新型」が登場する。価格的にもようやく、ライバルハードと
  同じ土俵に立つことができ、これ以降売り上げが軌道に乗る。さらに2010年3月26日にはHDDを120GBに、同年7月29日には160GBに。
  • 一方でゲームソフトはと言うと、開発そのものが難しいこともあるが、ハード性能に見合うクオリティを出すためには開発費がかさむことも
  あり、なかなか「PS3ならでは!」というものが登場しなかった感がある。また、仮にPS3で出すにしても普及の度合いから言って大きく
  売れることは考えにくく、結果としてXbox360とのマルチプラットホームを採るタイトルが増えた。商売で考えたらNDSやPSPの方が手堅い
  と考えるメーカーが増えたことも影響しているだろう。
  • 世間的な風潮として据え置きゲーム離れが起こっている現在、決定的なキラーソフトがいまだ登場していないPS3がどうなるか。
  • PS3初のミリオンを出した「FFXIII」があれでは……ゲーム離れが起こるのも無理はないのかも。
  • 思うのだが、「FF」の製作者ですら「かつてのような、街があってフィールドがあって……というような規模のRPGを、今のPS3のクオリティで
  作るのは人員的にも金銭的にも無理」と言うわけじゃない?そこを削ってまで映像を重視しなきゃいかんのか、と。そこはもういいから、
  PS2ぐらいのグラフィックでもいいから、昔のような感触(手ごたえ)のあるRPGが遊びたいよ。


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

中見出し

本文テキスト。

  • リスト
  • リスト
  • リスト


小見出し

本文テキスト。

  1. 番号つきリスト
  2. 番号つきリスト
  3. 番号つきリスト

  • 最終更新:2010-11-01 20:51:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード