メモリーカード

メモリーカード

【めもりーかーど】

  • ゲームのセーブデータなどを記録しておくためのフラッシュメモリ。カセットROMでは内部にRAMとバックアップバッテリーを組み込むことで
  データの保存を可能にしていたが、CD-ROMやDVD-ROMではソフト内での記録ができないため、別途外部メモリーが用意された。
  • 同じ役割のものでも、「メモリーカード」と言った場合にはプレイステーションやプレイステーション2のものを指す。PSのメモリーカードは
  1メガビット(128キロバイト)の容量を有し、保存領域は15ブロック。つまり、セーブデータを15個保存しておけ、空きブロックがあれば
  当然1枚の中に異なるタイトルのデータを混在させられる。PS2のものは8MBで、「ブロック」の概念はなくなり、容量の許す限り追記可能。
  • ゲームキューブ用のものも「メモリーカード」だが、「メモリーカード59」「メモリーカード251」のように、記録可能なブロック数が付く。
  • NEO GEO用のものはそのまま「メモリーカード」であり、特殊な呼称はない。
  • セガサターンは「パワーメモリ」、ドリームキャストは「ビジュアルメモリ」という名前が付いている。
  • ドリームキャスト独占タイトルとなるはずだった「バイオハザード Code:Veronica」ではなぜか、セーブデータ画面で「ビジュアルメモリ」
  ではなく「メモリーカード」と表示される。最初からPS2移植が予定されていたのか……?
  • ハードメーカー純正のもののほか、他社からも発売されることの多いアイテム。純正品より容量を増やしたり、価格を抑えたりと様々。
  • PSPでは独自企画ではなく、汎用のメモリースティックを採用。
  • ゲーム機本体にHDDやフラッシュメモリが内蔵されるようになると、セーブデータはそれらに記録されるものになった。メモリーカードという
  周辺機器は過去のものになりつつある。


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

中見出し

本文テキスト。

  • リスト
  • リスト
  • リスト


小見出し

本文テキスト。

  1. 番号つきリスト
  2. 番号つきリスト
  3. 番号つきリスト

  • 最終更新:2010-11-03 16:44:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード