堀井雄二

堀井雄二

【ほりいゆうじ】

  • 最も有名なクリエイターのひとり。言うまでもなく、「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親である。
  • 彼が「ドラクエ」を製作・発表しなければ、今日の和製コンピュータRPGはなかったと言っても過言ではない。
  • 1954年1月6日生まれ、作家・ゲームシナリオライター。早稲田大学卒業後、フリーライターとして活動。
  • 1982年、週刊少年ジャンプの編集者・鳥嶋和彦からエニックス(現スクウェア・エニックス)の第1回ゲーム・ホビープログラムコンテストの
  取材を依頼されるが、同時に自らも参加者として「ラブマッチ・テニス」を応募。この作品は入賞し、取材をしながら賞をもらった。この
  コンテストの授賞式で中村光一らと出会い、翌1983年にパソコン用ゲーム「ポートピア連続殺人事件」を発売する。
  • 1985年から「週刊少年ジャンプ」誌上において「ファミコン神拳」という連載を担当。「ゆう帝」というペンネームだった。
  「ゆうてい みやおう きむこう……」はここから。
  • 1986年に1作目の「ドラゴンクエスト」を発表。ここから氏は一気に有名になり、「ドラクエの人」として名を挙げる。
  • シナリオにおける言葉遣い、セリフ回しに独特の味があり、「堀井節」などと呼ばれ親しまれている。
  • タバコは吸っていたが(現在は不明)、お酒は飲まない。
  • 温和な性格で、自らを「無欲」と言う。「ドラクエ」の大ヒットで長者番付の常連であるが、これといってゴージャスな買い物をしたりはせず、
  「ほしいもの、別にないんだよね~」と語った。別荘を買ったこともあるが、ぜんぜん行ってないとのこと。
  • 実は、かなりのWizフリーク。ファミコンでRPGを作れないか、という着想のもとにもなっている。
  • グラサンは外出用。普段はメガネ。
  • ↑最近はいつでもメガネですね。


代表作


  • 「ドラゴンクエスト」シリーズ
  • 「いただきストリート」シリーズ
  • ポートピア連続殺人事件
  • 北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ
  • 軽井沢誘拐案内
  • クロノ・トリガー(初期プロット)


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

小見出し

本文テキスト。

  1. 番号つきリスト
  2. 番号つきリスト
  3. 番号つきリスト

  • 最終更新:2010-11-01 22:35:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード